研究会案内

第134回NHCハーモニカ研究会

内容

1. 片側リード奏法     講師 真田正二

 複音ハーモニカの片側のリードだけを使うと、原理的にはクロマチック・ ハーモニカと同じ音が出せます。ベンド奏法、ビブラートを駆使した音色作りについて解説し実践します。 (Cまたはクロマチック)

 2. ハーモニカを吹きま専科 講師 町田明夫

 例題曲 「さとうきび畑」寺島尚彦作詩・作曲 ハーモニカ・ライナーズ演奏版。

「ざわわざわわ~」と歌われる曲、前回のバス・コードの研究会で取り上げましたが、その延長線上で曲として仕上げます。原曲は11番まである長い曲ですが、3分半ほどの編曲になっています。ライナーズの演奏曲を学ぶいい機会になります。  (CとC#またはクロマチック、バス、コード)

 *研究会終了後は、恒例の「ミニ・コンサート」を開催しますので、奮ってご参加ください。出演希望者は返信ハガキに演奏曲目をご記入願います。先着8組。

前の記事

総会案内

次の記事

Tommy Reilley