研究会案内

第135回NHCハーモニカ研究会

内容

1. ドミナント・ハーモニカの魅力     講師 村田喜一(象潟ハーモニカ・アンサンブル)

   複音ハーモニカのベース奏法では、その配列の仕組みから主要3和音を出せないため、音楽的に正しい和音での演奏が出来ません。ドミナント・ハーモニカを併用するとそれが可能になり、美しいベース演奏ができます。

  (C調、およびC調ドミナント・ハーモニカをお持ちの方は持参してください。)

   なお、総会実施で時間を取られるため、恒例の吹きま専科は次回研究会の時まで延期といたします。

   *研究会終了後は、恒例の「ミニ・コンサート」を開催しますので、奮ってご参加ください。出演希望者は返信ハガキに演奏曲目をご記入願います。先着10組。