William Galison

ウィリアム・ギャリソン(William Galison 1958年2月19日~)

ニューヨーク生まれ。バークリー音楽院に学びハーモニカと出会う。ハーモニカ奏者として活躍し、楽器の特異性と素晴らしいメロディ感覚で数多くのミュージシャンと共演しています。「アンタッチャブル」、「バグダッド・カフェ」などの映画音楽でも高い評価を得いています。TVでは「セサミストリート」の主題歌を吹いているので、耳にしたことがあるかもしれませんね。

「バグダッド・カフェ」の「Calling You」では歌手Jevetta Steeleの歌の合間にエキゾチックなハーモニカの音が流れます。YouTubeで検索して聴いてください。私は彼のCD「CALLING YOU」の中の1曲としてこの曲の存在を知ったのですが、CDでは歌無しでハーモニカが全面的にフィーチャされ、アドリブも挿入されています。この曲の雰囲気にとても感動し、吹いてみたいという欲求にかられ、自分のCDを作るときにこの曲を加えたいと思いました。幸い、私が所属している楽団もんなか・もんじゃ・オーケストラの団長でもあるCDのプロデューサがこの曲を編曲してくれて、無事収録できました。それなりにエキゾチックな雰囲気は出せましたが、オリジナルのギャリソンのフィーリングにはとてもかないません。以来彼のCDは何枚も買わせて頂きました。 アジア大会(香港大会だと思います)のとき彼が参加していたので、売店近くで話を交わしたことがあります。気さくな親切な方でした。何年か後来日され、ライブで田中光栄さんと共演した時に間近で演奏を聞かせていただきました。

前の記事

Stevie Wonder

次の記事

The Adler Trio